DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第18号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1591

Title: 看護技術修得における模範映像と学習者映像の 同時提示学習システムの有効性
Other Titles: Effectiveness of a Learning System Displaying Teacher Videos and Learner's Images Simultaneously in Nursing Skill Acquisition.
Author: 三重野, 愛子
山澄, 直美
永峯, 卓哉
辺見, 一男
Author's alias: MIENO, Aiko
YAMASUMI, Naomi
NAGAMINE, Takuya
HEMMI, Kazuo
Issue Date: Mar-2020
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 長崎県立大学看護栄養学部紀要
Issue: 18
Start page: 25
End page: 36
ISSN: 18841759
Abstract: タブレット端末を用いた模範映像と学習者映像を同時に視聴し看護技術を実施する学習システムによって、短時間で一定水準の技術修得ができるかを検証した。看護技術未学習の看護学生22名を対象に、模範映像と学習者映像を同時に視聴し看護技術を実施する実験群、模範映像のみ視聴し看護技術を実施する対照群の二群に無作為に割り付け実験した。実験にはベッドメイキングの敷シーツのマットレス下への敷き込み動作を選定した。それぞれの方法で10分間の技術練習をしてもらった後、看護技術修得状況を評価し得点化した。これを3回繰り返した。二群における各回の技術修得状況得点を比較した結果、本学習システムと従来の模範映像のみを視聴する学習方法では技術修得に有意差を認めなかった。しかし、評価項目を比較した結果、身体全体を使った大きな動作は模範映像の視聴でも修得できるが、模範映像通りの正確で細やかな身体の動かし方を修得する際は模範と学習者映像を同時に視聴する方が効果的である可能性が示唆された。
Keywords: 看護技術
看護学生
技術修得
携帯情報端末
URI: http://hdl.handle.net/10561/1591
Appears in Collections:第18号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v18p25_mieno.pdf4.49 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library