DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第21巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/2015

Title: 災害看護学実習における災害訓練事前準備として用いた ゲーム教材「ひなん日記」の効果
Other Titles: Effectiveness of "Hinan Diary," a Game Material Used as Preparation for Disaster Training in Disaster Nursing Practicum
Author: 片穂野, 邦子
林田, りか
Author's alias: KATAHONO, Kuniko
HAYASHIDA, Rika
Issue Date: Mar-2023
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 長崎県立大学看護栄養学部紀要
Volume: 21
Start page: 45
End page: 52
ISSN: 1884-1759
Abstract: 災害看護学実習における避難所疑似体験ゲーム教材「ひなん日記」を通じた看護学生の体験を明らかにし,災害訓練事前準備教材としての効果を検討した.災害看護学実習を受講したA 大学の看護学科4 年生で同意を得られた52 名を対象に「ひなん日記」を体験した感想として記述された文章をデータとして使用した.分析ツールはテキストマイニングソフトKH Coder ver.3 を使用した.総抽出後数は6,239 語,文章数は194 文,頻出語は「人(76)」「自分(67)」「避難(52)」「生活(43)」「感じる(40)」などであった.共起ネットワーク分析では,学生の体験は<避難所生活で体験する人や周囲の生活状況><周囲に影響する助け合いの大事さ><物資不足から生じる格差や健康被害>などの6 つに大別された.学生は,避難所での物資不足の生活,被災者間の格差,トラブル発生,衛生環境による病気など避難所生活における身体的・心理的なつらさや,自助・共助の大切さ,援助者としての視点を実感していた.本教材は看護学生の被災者のイメージ化に役立ち,災害訓練事前準備に有効であることが示唆された.
Keywords: 災害看護学実習
ゲーム教材
体験
看護学生
計量テキスト分析
Description: カラー図版あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/2015
Appears in Collections:第21巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v21p45_katahono.pdf5.23 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library